国際交流・留学を支援するNPO|JFIE

国際交流・留学を支援するNPO法人JFIE
資料請求お問い合わせ
高校生私費留学Q&A

高校生私費留学Q&A

Q01年間どれくらいの費用がかかりますか?

留学先国や学校によって千差万別です。おおよその目安としては、年間300万円~600万円程度です。費用の内訳としては、渡航費用、授業料、書籍代、滞在費、食費、保険料、お小遣い、留学の手続き費用等があります。料金の詳細はお問い合わせ下さい。

Q02留学の準備は出発のどのくらい前から始めたら良いですか?

準備期間としては少なくとも1年、できれば1年半くらいは必要でしょう。特に自分の目的に合った留学先国やプログラムの選択には、十分に時間をとりたいものです。英語力については、多くの学校がTOEFLや独自の英語力診断テストの試験結果の提出を要求していますので、そのための準備にも時間が必要です。
JFIEでは、英語力をつけるためのプログラムもご紹介しております。「留学したい!」と思ったら、まずはご相談ください。

Q03授業についていけるか不安です。

留学には何と言っても事前準備が大切です。インターネットによる英語学習など、効果的な方法でみっちりと英語の勉強をしておきましょう。国や学校によっては、留学生のためのESLコースや、3ヶ月ほど語学学校で英語に慣れてから正規の授業を受けるように指導されることもあります。また、学業で困った時には、留学先の学校のアドバイザーに積極的に相談してください。最初は誰でも不安なものです。

Q04海外での滞在経験が全くありませんが、留学生としてうまくやっていけるでしょうか。

出発前の事前オリエンテーションで、担当スタッフがさまざまな面から留学のための指導を行います。また、留学中は現地受け入れ団体のカウンセラーやコーディネーターが親身になって留学生の相談に乗ります。JFIEでは、留学生の能力や資質に合わせたプログラムのご提案をいたします。海外滞在経験の有無よりも、留学に対する積極的な意志や、やる気の方が大切です。

Q05ホームシックになった時はどうすればよいでしょうか?

留学生の多くは、到着して間もない頃や、到着後しばらく経った頃にホームシックになります。言葉も分からず、友達もなく、環境にも慣れていない時期でもあり、自分の英語力の伸びに不安を覚える時期ですので、自然なことでしょう。ホームシックになった時に気を付けなければならないことは、自分の殻に閉じこもって周囲の人とのコミュニケーションを取らなくなることです。そのような時にこそ、自分の使える範囲の言葉で構わないので、滞在先の人たちや学校の仲間たちに、どんどん話し掛けましょう。また、散歩やジョギング、スポーツで気分転換を図るのも良いでしょう。日本の家族や友達に電話やeメールで頼っていては、いつまでも現地の生活に適応できません。どうしてもホームシックが治らない時には、コーディネーターに相談しましょう。

Q06帰国後の進路が心配です。

海外に一定期間以上(通常2年以上)留学した生徒は、条件さえクリアしていれば、「帰国生入試」で日本の大学を受験することができます。また、英語検定やTOEFLなどの有資格者を優遇する制度を持つ大学も増えていますので、留学が大学への近道になる場合があります。留学で鍛えた英語力や経験を活かして、将来の構想に合った大学を目指してください。また、海外大学進学も選択肢の1つとなります。受験資格を満たせば、留学先国以外の大学へも進学できます。各国、各大学の受験資格や選考方法を事前にしっかり調べておくことが必要です。
JFIEでは、留学後の海外大学進学のサポートも行っております。詳しくはお問合せください。

Q07病気になったり事故に遭ったらどうなるのでしょうか?

寮滞在の場合は学校(寮監)が、ホームステイならホストファミリーが、さらに現地受け入れ団体のコーディネーターが対応してくれます。海外での医療費は、日本では考えられない程高額ですので、渡航前に海外旅行傷害保険に加入されることをお奨めします。盗難に遭った時や損害賠償を請求された時も保険でカバーされます。但し、歯科疾病や慢性の病気には適用されませんので注意しましょう。
まずはお気軽にお問合せください
資料請求
お問い合わせ