国際交流・留学を支援するNPO|JFIE

国際交流・留学を支援するNPO法人JFIE
資料請求お問い合わせ
高校生私費留学について

高校生私費留学について

JFIEでは、生徒一人ひとりのニーズや適正に合わせて留学先・留学期間・入学時期・滞在形態が選べるように、各留学先の学校リストから幅広いプログラムをご紹介しています。留学先は、アメリカ・カナダ・イギリス・アイルランド・オーストラリア・ニュージーランドの英語圏6ヶ国の中から、希望や目的により選択できます。留学期間、現地ホストスクールへの入学時期も、それぞれのスケジュールに合わせて選ぶことが可能なプログラムです。また、長期留学希望者に対しては、卒業後の進路も考慮に入れたアドバイスを行っています。
高校生私費留学について

留学の目的

私費留学は、参加者の留学目的の達成に向けて学校を選択し、自分の資質や個性を伸ばすことが目的となります。
学業やスポーツ、芸術などの確固たる目的を持ち、留学先の学習環境をより自分の個性に合うように限定したい場合、私費留学が適しています。交換留学では原則として生徒が留学先の学校を選ぶことができませんが、私費留学の場合、細かいカウンセリングを通じて参加者の目的に合った学校を選択し、出願します。この学校選択こそが、私費留学の成功を左右する重要な要素となります。

留学の滞在形態

留学先やプログラムによって異なりますが、滞在形態は基本的に一般家庭でのホームステイとなります。ホームステイでは、現地の家族と生活を共にすることで、自分で考え行動する力、他者や異文化を理解する力を身につけます。また、寮滞在を希望する場合は、全寮制の私立高校を中心に学校選択を行います。寮滞在は、世界各国の生徒と生活を共にする小さな国際社会です。自立心や協調性など、ホームステイとはまた違う国際感覚を身につけることができます。

留学費用

私費留学の総費用は、選択した学校の授業料によって幅があります。交換留学の場合は原則的に授業料が免除され、ボランティアのホストファミリー宅に滞在するため、宿泊費用もかかりません。が、私費留学の場合は、これらの費用が全て自己負担となります。また、公立高校に留学する場合も同様に費用がかかりますので、必ずしも私立高校の方が高いというわけではなく、国や地域によっては私立高校の方が授業料が低い場合もあります。これは私立高校の授業料にかなり幅があるのに加え、公立高校では地元の生徒とは別に、留学生用の高い授業料を設定していることが多いからです。
費用の詳細については、お問い合わせください。

留学期間

交換留学の期間は、1学年間(約10ヶ月間)と決まっていますが、私費留学の期間に特に制限はありません。現地の学期制度に合わせて入学時期を設定し、3ヶ月間から正規留学生として通うことができます。また、留学先で卒業を目指す参加者もいます。
高校時代の留学経験は、英語力を飛躍的に伸ばすことに加え、視野の拡大や自立心の育成と相まって、将来の選択肢の幅を広げることに大きく寄与します。「留学の成果は認めるが、長期間日本での学習から離れることは不安」という考え方に対しても、中期留学(8週間~3カ月)であれば比較的対応が容易といえます。留学期間を比較的短く設定することで、学校の授業への影響も軽減されます。大学受験科目として必須の英語力の向上と、異文化環境下の生活から得る国際的な価値観を同時に身につけることができます。
資料請求
お問い合わせ