海外の高校へ留学

  • HOME
  • 海外の高校へ留学

高校留学について

高校生留学について

高校生の正規留学には、交換留学と私費留学の2タイプがあります。高校生交換留学は、ホームステイと現地校での学校生活を通した異文化理解体験を主たる目的とした民間大使としての留学です。それに対し、留学生個人の希望や目標に合わせて、留学先の国・留学期間・入学時期・滞在形態が選択できる留学制度が高校生私費留学です。

高校留学を成功させるには

高校留学を成功させるには、ハッキリとした留学の目的や最後まで物事をやり遂げる強い意志、そして努力が必要です。

留学の目的・目標を明確に

留学は短期研修や観光旅行とは異なり、長いものでは1学年間以上にも及びます。留学中は楽しいことばかりではなく、辛いこと、苦しいことも多くあります。壁に直面した時に意志がブレることのないように、「なぜ留学するのか?」という明確な目的や目標を持つことが大切です。

留学としての適性

英語力やコミュニケーション能力、心身の健康状態も大切ですが、留学生の適性としては次のことが大切になってきます。自分と考え方や価値観が違う人を受け入れられますか? 今までと異なる生活環境、習慣に順応できますか? 保護者から自立していますか? 自問自答してみてください。

帰国後の進路選択を在籍校に事前に確認

留学中の単位認定には在籍している学校の許可と理解、協力が必要です。留年する必要があるか、単位認定を受け進級できるかは、学校によって異なり、最終的には学校長の判断により決定されます。事前に学校の規定や手続きをしっかり確認してください。

保護者の理解と支援が不可欠

高校留学には、単に留学費用の負担だけではなく、あらゆる面で保護者の皆様のバックアップが欠かせません。そのためには、保護者の皆様にも留学先の文化や価値観を受け入れていただき、留学の趣旨や内容を充分に理解していただくこともとても大切です。

交換留学と私費留学の違い

  交換 私費
目的 異文化体験が中心 自分の教育目標を追求
滞在形態 ホームステイ ホームステイ以外に寮なども選択可能
留学期間 現地の1学年間(約10ヶ月) 1学期(約10週間)~卒業まで選択が可能
費用 ホストスクールの授業料は免除(※1) 授業料、滞在費用は全額自己負担
出発時期 冬・夏 教育目的に合わせて選択
単位認定 対象(※2) 現地1学期間以上の留学は対象(※2)

※1 一部の国ではホストスクールへ寄付金を納入しています。
※2 実際の単位認定は日本の在籍校の判断によります。

  • 高校生交換留学についてはこちら
  • 高校生私費留学についてはこちら