高校生交換留学

高校生交換留学

高校生交換留学

高校生という多感な時期に、海外で1学年間(約10ヶ月間)現地の高校生と学校に通い、一般家庭にホームステイをすることで、その国の地域社会や文化に直接触れ、国際理解を深めます。

留学先の高校(ホストスクール)は、滞在家庭の地域にある公立高校が一般的であり、交換留学生は地域の国際交流に貢献する存在として、授業料が免除されます。
※但し、一部の国ではホストスクールへ寄付金を納入しています。また、派遣国・地域によっては私立高校の場合もあります。

JFIEの高校生交換留学プログラム ここがポイント!

1.国内外での充実したトータルサポート

「留学をしたい」と思った時から留学後まで、担当のカウンセラーが生徒とご家族を支援いたします。現地では、各国政府から認可を受けた現地の非営利教育団体がサポート。留学前後にもオリエンテーションを実施し、留学で得た人間的な成長と高い英語力を活かしたキャリア形成に向けて、トータルに支援いたします。

出発前
  • 事前オリエンテーション
  • 保護者向けオリエンテーション
  • 渡航前最終オリエンテーション
  • 空港での出発オリエンテーション
現地
  • 現地オリエンテーション
  • 現地団体 専任コーディネーターによるサポート 
  • 現地事前研修(希望者および受講対象者のみ)
帰国後
  • 帰国オリエンテーション
  • 進路選択支援
2. 成果を追求する質の高い留学プログラム

JFIEでは単なる交流プログラムの枠を超え、英語力の伸長と人としての成長を実感できるプログラム作りを目指しています。留学生にはオンラインでの英語学習教材を無償で提供、留学出発までに最大限の英語力向上を図ります。
また、留学生は2ヵ月に1度留学生活の様子を「ジャーナル」としてまとめ、JFIE本部に送付する課題が課されます。留学先での経験を新鮮な内に自分で振り返りを行うことで、自分の意識の変化、成長を実感できます。

3. ホストファミリー先は個別面談によって選定

交換留学の滞在方法はホームステイです。ホストファミリーは異文化交流に関心がある家庭の中から、留学生が提出した願書をもとに、生徒に合う家庭を探します。JFIE及び現地受入団体のガイドラインに沿って選定され、現地在住のコーディネーターが直接家庭を訪問し決定されます。
ホームステイはその国の生活に入り込み異文化理解を深める素晴らしい機会ですので、自ら積極的に行動しましょう。ホストファミリーも、留学生が積極的に現地の文化を体験する姿勢を期待しています。

交換留学プログラム要項

英語圏5ヶ国の中から希望の留学先を選択できます。

冬出発
留学先 留学期間 参加費用
オーストラリア 1月~11/12月 165万円~
ニュージーランド 1月~12月 165万円~
カナダ 1月~翌年1月 199万円~
夏出発
留学先 留学期間 参加費用
アメリカ 7月~翌年5/6月 160万円~
8/9月~翌年5/6月 140万円~
アメリカ
カルチュラルアンバサダー
8月~翌年5/6月 160万円~
アメリカ ASSEプログラム 8/9月~翌年5/6月 160万円~
カナダ 8月~翌年6/7月 180万円~
イギリス 8月~翌年2月(半年) 170万円~

※アメリカのカルチュラルアンバサダー、イギリス、カナダ冬出発プログラムは、現地事前研修の参加が必須となります。その他のプログラムに関しては、生徒様のご希望によるものではなく、弊会の判断により現地事前研修の参加有無が決定されます。事前研修参加の有無によって参加費用は変動いたします。
※アメリカASSEプログラムは交換留学プログラムですが、8月末迄の受入校確定ができるよう、一部私立校への授業料をプログラム費用に含みます。なお、出発が9月になる場合もあります。

参加費用に含まれるもの(抜粋)
  • 往復航空運賃(国際線)
  • 国内空港使用料及び国内空港での出国手続きアシスト費用
  • 国内・現地でのオリエンテーションプログラム費用
  • カウンセリング費用
  • 渡航業務手配保険費用
  • 留学国事務局経費及びJFIE事務局運営費用
  • エイプリルキャンプ費用(NZIIUのみ)
  • ホストスクールでの授業料及びホームステイ滞在費用(滞在費、食事〈平日の昼食を除く〉)は原則無償です。

        

    …等

※費用詳細については、パンフレット(募集要項)をご参照ください。

参加費用に含まれないもの(抜粋)
  • 選考試験受験料
  • 国内オリエンテーション参加費用(交通費・宿泊費・食事代等の実費)
  • 燃油サーチャージ、海外空港諸税、航空保険料、パッセンジャープロセッシングチャージ 等
  • 自宅から羽田・成田空港等までの交通費、宿泊費
  • 健康保険・医療保険料
  • パスポート、査証(ビザ)取得関連費用
  • 予防接種費用
  • 留学中の小遣い等個人的な経費
  • …等

※費用詳細については、パンフレット(募集要項)をご参照ください。

交換留学プログラム応募資格
  • 留学時点で日本の高校・高等専門学校に在籍しており、留学終了後は在籍校に復学できること
  • 現地校での授業開始時に15歳~17歳であること
  • 日本在住者で保護者または保証人が日本に在住している者(※出願者が日本国籍でない場合、渡航先の国によりビザの申請ができない場合がございますので、予めお問い合わせください)
  • 留学目的がしっかりしており、保護者から同意、理解を得ていること
  • 心身ともに健康であり、プログラムルールを厳守して、勉強・生活ができること
  • 国際交流に関心があり、本プログラムの趣旨をよく理解していること
  • 学業成績が平均以上であり、中学1年時から現在までの各学年の欠席日数が8日未満であること。また、原則遅刻・早退の日数も4日未満であること
  • 事前のオリエンテーションに参加し、規定書類を期限までに提出できること
  • 現地団体および弊会が設定している交換留学先各国の英語テスト基準を満たし、選考試験(書類選考・保護者同伴面接)をクリアできること
  • プログラムについての説明等を日本語で理解できること