国際交流・留学を支援するNPO|JFIE

国際交流・留学を支援するNPO法人JFIE
資料請求お問い合わせ
高校生私費留学の特色

高校生私費留学の特色 ~JFIEの高校生私費留学 ここがポイント!~

1.留学先・留学期間・入学時期・滞在形態などが自分の目的に合わせて選べます

私費留学は「自分の教育目標を追求する」留学プログラムです。学業やスポーツ、芸術など、生徒一人ひとりの留学目的を実現できるよう、個性や適性に合わせて学習環境を設定することが可能です。JFIEでは、留学先・留学期間・入学時期・滞在形態などが選べるように、各留学先の学校リストから幅広いプログラムをご紹介しています。
高校生私費留学について

2.経験豊かなスタッフによるカウンセリングが充実

学習環境を限定する私費留学では、事前のカウンセリングが非常に大切です。経験豊かなJFIEスタッフが、留学の目的、現在の成績や英語力、将来の計画、性格などを総合的に判断して、ご本人と保護者の方とともに、最も適した学校を選定していきます(但し、最終合否は、あくまでも出願校の決定となります)。また、各地に専任カウンセラーを配置し、地元に密着したカウンセリングやサポートを行っています。留学前、留学中、さらに留学後も、地元のカウンセラーが親身になってみなさんの留学生活をサポートします。

3.留学を成功へと導く、出発前の準備指導を徹底

出発前には、本人と保護者の方を対象としたオリエンテーションを実施します。プログラムのスケジュールや規則の説明をはじめ、異文化への適応の方法、コミュニケーション能力や英語力のブラッシュアップ、事例研究によるトラブル対処法、自己表現力を高め積極性を向上させる方法などの、実践的な留学準備を行います。  また、リターニー(海外留学体験者)と呼ばれる先輩たちが、現地の留学生活にプラスとなる情報提供やアドバイスを的確に行います。このオリエンテーションは、JFIEを通じて留学する他の生徒たちとの交流を持つ良い機会でもあります。留学に対する心配や不安を解消し、自信を持って出発できるようサポートしています(年2回の定期開催以外は個別指導となります)。
 保護者の方対象のオリエンテーションでは、留学生としてお子様を海外に送り出すにあたっての留意点、具体的な留学準備、JFIE留学プログラムの規則、保護者のための事例研究、送金・荷物の送付方法などの留学中の支援や対応方法、JFIE及び現地受け入れ団体によるサポート体制の説明などの情報を提供します。
 JFIEでは、留学生の事前オリエンテーションへの参加を義務付け、事前指導の徹底により、留学を成功へと導けるよう指導・支援をしています。

4.留学準備講座(希望者対象) インターネットを使って英語力UP

JFIEでは、効果的な英語力アップのためのオンライン英語学習教材を、留学生の希望者に提供しています。留学までに基礎英語力の向上を図ることは、留学成功への近道です。渡航前の基礎英語力が高ければ高いほど留学生活により早く順応でき、より高い成果が望めます。留学のための選考試験合格を目指す人から、出発までに英語力を伸ばしたい人まで、楽しみながら英語を学んで、留学に必要な基礎英語力の養成にご活用ください。

5.留学期間中の安心サポート体制

JFIEの高校生私費留学プログラムは、「留学したい」と思った時から帰国までの全過程において、高校生の個人留学を国内外でサポートする体制をとっています。留学期間中は現地受け入れ団体専任のカウンセラーやコーディネーターが、定期的に留学生と学校、ホストファミリーと連絡を取り合い、参加者がスムーズに現地での生活に適応できるようにサポートしています。問題発生時には、現地受け入れ団体の協力のもと、問題解決にあたります。また、プログラム開始後には、現地団体もしくは現地校から保護者及び日本の在籍校に定期的にレポートが送付され、さらに参加者には事前に定期的な課題提出を義務付けています。

6.定期報告システムで留学中の様子がわかる

定期レポート
留学開始後は定期的に受け入れ教育機関、あるいは受け入れ校からのレポートを、担当カウンセラーより保護者の方に送付いたします。学校や受け入れ家庭など、滞在先での生活ぶり、学業への取り組み状況についてご報告いたします。

ジャーナル
留学生が課題として留学生活の様子をまとめる「ジャーナル」は、2ヶ月に1度、留学生からJFIE本部へ送付するよう指導しています。

7.帰国後のサポート

留学で得た経験を、次につなげるための場として、帰国後のオリエンテーションを実施します。日本への再適応、留学で学んだことの再考、将来の進路などについて話し合い、帰国後の日本での生活にスムーズに戻れるように指導します。また、英語力診断テストを受験し、留学参加前と帰国後の英語力の伸びを確認します。留学体験談を帰国生同士でシェアしたり、逆カルチャーショック対処法についてのアドバイス、また、国内・海外大学進学について、先輩リターニーから体験談を踏まえたアドバイスなどをいたします。

8.帰国後も留学経験を活かす活動

帰国生が集まり結成したリターニーの会(関東と関西)の一員として、JFIEの様々な国際交流プログラム、交流体験の場で留学経験を活かすことができます。JFIE外国人・日本人留学生、OB・OG合同イベント開催等、帰国後も国際交流する機会があります。

【賛助会員システム】
JFIE高校生私費留学プログラムに参加された留学生は賛助会員として登録され、帰国後、留学中に得た自立や成長、体験を、留学を控えた後輩たちに伝え、共有するためのさまざまな国際交流イベントに参加できます。
資料請求
お問い合わせ